下関海響館

旅行の足跡

=下関海響館=

下関海響館 
スポンサードリンク

下関海響館へ行ってきた

管理人のポークです♪

下関海響館

TOP>下関海響館

下関観光1日目。

水族館が好きなので、今回も水族館に行く事に♪目指すは下関海響館!!!

1日停めても700円と書いてあったので、下関海響館の駐車場に車を停めて、
ここを下関観光の基点とすることに。

上の写真は入り口手前での一枚。下関海響館は先ず、見た目がキレイ。
建物も下関に多く見られる茶っぽいレンガ調で、新しいが街並みに
違和感無く調和している感じがする。

     下関海響館

入場料を払って早速中へ。

エスカレーターで上に上って一番最初は、下関を取り囲む日本海、
関門海峡、瀬戸内海の3つの海を再現した大きな水槽がある。

この水槽では、潮の流れがとても速い関門海峡で発生する、小さな渦を再現しているらしく、数分おきに水槽内に渦が発生します。

     下関海響館

本とは渦の写真を掲載したいんですが、上手く撮れていなくて・・・
申し訳ありません。修行しなおします。

下関を囲む3つの海の水槽を見ながら、写真をパシャパシャしている
途中でウミガメがこっちに来たので一枚。

     下関海響館

全く知らないツアーのガイドの人の声が聞こえてきて、このウミガメは
砂浜に打ち上げられていたところを、海響館の人が助けたそうだ。

魚やカメを見ながら、少しずつ順路に沿って進んでいくと、次は海中
トンネルへ、ここはホントに海の中にいるみたいに感じる。

     下関海響館

トンネルの中にはイワシの群れがいて、小学生のときの国語の教科書の
スイミーを思い出した。このイワシの群れは、エイなどに食べられるらしく、
毎日少しずつ数を減らし、少なくなればまた補充されるらしい。

これもガイドさんが言ってた。

そのときだった、ホントにエイがイワシを食べてしまった・・・
イワシを口に入れエイの口が上下して、イワシの姿は消えていった。
まさに衝撃映像。動画でバッチリカメラに収め、残念な気持ちと少しの
興奮がいまだに忘れられない。

更に順路を進んで行くと、下関のシンボル「フグ」の登場。

     下関海響館

この海響館にはトラフグをはじめ、様々なフグがいる。カワハギもフグの
仲間なんてここで初めて知った。皆さん知ってましたか!?

冷たい海のフグ、暖かい海のフグ、沿岸、沖合いのフグ等、実に色取り取り
でたくさんのフグやフグの仲間がいて、下関らいしい水族館だと思う。

冷たい海のフグ 暖かい海のフグ マンボウもフグの仲間なんです


ちょうどイルカとアシカのショーが始まるらしいので、プールへ足を運ぶ。
この日は3匹のイルカと1匹のアシカが素敵なショーを見せてくれた。

3匹揃ってジャンプしたり、高くぶら下がったボールへジャンプしたりと、息の合った素晴らしいショーだった。

     イルカショー

     アシカショー

ショーが終わって、また順路に戻る。

これからは普通の感じで、クラゲ、カニ、クリオネ、暖かい海に住む魚、
宮島水族館でみたスナメリもいたが、一匹しかおらず、宮島のように
こっちに来てはくれなかった。

まぁ何処にでもありそうな感じで続く。

暖かい海の魚 暖かい海の魚 暖かい海の魚

また外に出て今度はペンギンのいるプールへ。

     ペンギン

ペンギンのショーみたいなやつはしていなかったけど、可愛らしい仕草や、
餌を食べる仕草はなんとも愛らしく、子供の頃に見たアザラシを抱えて
登場するアニメみたいに、小脇にペンギンを抱えて近所を散歩でもして
みたいと思ったりもした。


さらに順路を進み、シロナガスクジラの全身骨格標本なるものを見た。

シロナガスクジラの全身骨格標本は日本ではここ海響館しかないらしい
が、あんまり興味が無かったので、パット見ただけ。


一応写真は撮っておこうと思ったけど、観光調査の人にアンケートを頼まれ
アンケートを答えたら写真の事など忘れてしまい、海響館を後にした。

最後に、海響館で撮った写真をいくらか紹介しま〜す♪

     海響館 海響館

ここを後にして私達の旅は続く。

スポンサードリンク


  メニューリスト

 ○旅行の足跡TOP

 ○足跡を残す理由

 ○和歌山県白良浜

 ○三段壁洞窟

 ○和歌山県円月島

 ○白浜とれとれ市場

 ○和歌山スキューバダイビング

 ○和歌山ラーメン

 ○広島 宮島 観光

 ○宮島水族館

 ○広島 安芸の宮島

 ○私が行ってみたい観光地

 ○ヘナチョコ釣り情報

 ○花火って素敵

 ○ギター初心者

 ○路上ライブ

 ○ゆずの弾き語り

 ○詩を書いてみました

 ○料理にはまっています

 ○男でも作れる超簡単料理

 ○フットサル大会

 ○写真作品集

 ○我が家のペット自慢

 ○ペットを飼うという事

 ○鳥取県観光ガイド

 ○かにっこ館

 ○雨滝

 ○山口県下関へGO!!!

 ○下関海響館

 ○下関でふぐを食べる

 ○下関観光

 ○角島大橋へドライブ

 ○山口県 秋吉台

 ○山口県 秋芳洞

 ○萩一輪

 ○山口の山賊焼きを求めて

 ○兵庫県湯村温泉足湯

 ○有馬温泉日帰り旅行

 ○神戸中華街

 ○神戸南京町 土産

 ○六甲山で夜景を見る

 ○イタリア村へ名古屋の旅

 ○名古屋港イタリア村

 ○名古屋港ガーデン埠頭

 ○尾道観光

 ○尾道千光寺公園

 ○境港市水木しげるロード

 ○奥津渓の紅葉

 ○牛窓ペンション

 ○岡山カフェ探し.net

 フォルクスワーゲンニュービートル

 ○フォルクスワーゲン ポロ

 ○ギネスビールで乾杯を

 ○リンクについて

 ○リンク集

 ○プロフィール

 ○管理人へメール


下関海響館の上部へ戻る
Copyright (C) 旅行の足跡 All Rights Reserved