下関観光

旅行の足跡

=下関 観光=

下関観光
スポンサードリンク

下関観光に行って来た

管理人のポークです♪

下関観光

TOP>下関観光

海響館とフグを食べ終えて、本格的な下関観光へと街へ繰り出す。

事前に調べてみると、下関は下関駅から近い所に多数の観光名所があり、
車などが無くても、下関観光が楽しめるらしい、それも下関観光の魅力の
1つだと思う。


このページでは、お昼にフグを食べた唐戸市場から歩いて行ける、
場所を簡単にですが紹介していきます。

先ずは、市場から歩いて5分位の赤間神社へ行く事にした、それまでの
道のりで、下関らしいマンホールを発見した。

     下関観光


可愛らしいフグの絵がマンホールに描かれている、こんな所にも下関
らしさが現れていて、少し嬉しい気持ちになった。他の観光地でも、
その地方の名物や特産品などが描かれたマンホールがあると思うので、
これから訪れる様々な観光地でも意識して見ておきたい。


フグのマンホールを見つけながら、赤間神社へ到着。

     赤間神社

赤間神社は平家の安徳天皇を祭神としていて、境内には安徳天皇陵、
平家一門の墓、宝物殿、耳なし芳一堂などがある。

建物の鮮やかな赤と、空の青、木々の緑がとてもキレイに見る事が
できた、赤間神社。それに、耳なし芳一が奉ってあると知り、びっくり。
子供の頃に聞いた事があったくらいなので、まさか下関で名前を聞くとは
思ってもおらず、懐かしさと平家の人だったんだと思いながら、神社内を
見て回った。

ここでは、結婚式や披露宴も出来るようなので、興味がある方は参考に・・・


赤間神社から少し歩き、下関の有名なレトロな建物が見えた来た。

     旧英国領事館

     旧秋田商会

昔からの建物の形をそのままに、いい感じにレトロ具合を醸し出している。

下関を見てきて一番に思う事が、古くから残る建物と現代の建物を調和
させようとしているように事だ、海響館や唐戸市場がレンガ調で造って
あるのも、この古くからの建物に合わせているんだなと感じた。何年先
でも、観光地として残していこうと言う考えがあるのだろう。

こうした思いをいつまでも続けて持っていて欲しいものだ、そうした心
が街を観光地として育て、多くの観光客から支持を得るのだろう。

これからも、歴史ある街として下関が残っていくのが楽しみである。


私たちは下関観光を終えて、今度は角島へと向かう。

スポンサードリンク


  メニューリスト

 ○旅行の足跡TOP

 ○足跡を残す理由

 ○和歌山県白良浜

 ○三段壁洞窟

 ○和歌山県円月島

 ○白浜とれとれ市場

 ○和歌山スキューバダイビング

 ○和歌山ラーメン

 ○広島 宮島 観光

 ○宮島水族館

 ○広島 安芸の宮島

 ○私が行ってみたい観光地

 ○ヘナチョコ釣り情報

 ○花火って素敵

 ○ギター初心者

 ○路上ライブ

 ○ゆずの弾き語り

 ○詩を書いてみました

 ○料理にはまっています

 ○男でも作れる超簡単料理

 ○フットサル大会

 ○写真作品集

 ○我が家のペット自慢

 ○ペットを飼うという事

 ○鳥取県観光ガイド

 ○かにっこ館

 ○雨滝

 ○山口県下関へGO!!!

 ○下関海響館

 ○下関でふぐを食べる

 ○下関観光

 ○角島大橋へドライブ

 ○山口県 秋吉台

 ○山口県 秋芳洞

 ○萩一輪

 ○山口の山賊焼きを求めて

 ○兵庫県湯村温泉足湯

 ○有馬温泉日帰り旅行

 ○神戸中華街

 ○神戸南京町 土産

 ○六甲山で夜景を見る

 ○イタリア村へ名古屋の旅

 ○名古屋港イタリア村

 ○名古屋港ガーデン埠頭

 ○尾道観光

 ○尾道千光寺公園

 ○境港市水木しげるロード

 ○奥津渓の紅葉

 ○牛窓ペンション

 ○岡山カフェ探し.net

 フォルクスワーゲンニュービートル

 ○フォルクスワーゲン ポロ

 ○ギネスビールで乾杯を

 ○リンクについて

 ○リンク集

 ○プロフィール

 ○管理人へメール


下関観光の上部へ戻る
Copyright (C) 旅行の足跡 All Rights Reserved